劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~ を観てきた

スポンサーリンク

今日は仕事はお休み。暇だったので「劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~」を観てきた。なんといっても今日は公開初日なのだ。

上映している映画館まで車で1時間半。田舎住人はこういう時辛い。渋滞にはまり到着したのは上映5分前。

響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~

内容は、主人公の北宇治高校吹奏楽部 黄前久美子が2年生の時の話。クセの強い後輩たちの面倒をみながら吹奏楽コンクールで全国金賞を目指す話だ。いやあ、青春だねえ。

で、この話は先日書いた映画「リズと青い鳥」と原作は同じ。

武田綾乃の小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」だ。

だから、この2つの話はほぼ同時期に起こったこと。

久美子目線で作ったのが今回の「~誓いのフィナーレ~」

希美とみぞれ目線で作ったのが「リズと青い鳥」

ということかな。

どちらもよい作品だと思うよ。

[amazonjs asin=”4800274893″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編 (宝島社文庫)”]

[amazonjs asin=”4800274915″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編 (宝島社文庫)”]

コメント