クロスバイク グリップとサドル交換

クロスバイクに乗ってほぼ3ヶ月。今では自分の手足のよう使える、といったら大げさかもしれないけど随分体に馴染んできた。

慣れたところで自分なりのカスタマイズを加えてみようと思う。

ま、カスタマイズしても自分に合わないって事は多々あるけど、これはやってみないとわからない。

合わなきゃ元に戻せばいいや。そーんなに高額なパーツはないからね。

グリップ交換

まずはグリップの交換。

僕のクロスバイクに最初から着いていたグリップは、単純な筒型のグリップ。軽量なスポンジタイプなんだけど幅が狭いのと、汗で濡れると少しベタベタする。それに長時間運転すると、親指の付け根の辺りが痛くなってくる。

よし、グリップを替えてみよう。ということで選んだのがこれ。MHL NATURE-602 グリップ オレンジ。

MHL NATURE-602 グリップ オレンジ(513NAT6022432)
MHL NATURE-602 グリップ オレンジ(513NAT6022432)

エルゴノミックタイプのグリップだね。外側が幅広になっていて荷重を手のひら全体で支える事ができる。これは効果を実感できるね。手が随分楽になったよ。

グリップ交換のついでに、ブレーキレバーやシフターの位置も操作しやすいように調整。自然に指が動かせるような位置に調整してやった。これも効いたね。

ちなみにこのグリップは他にもポップな色が揃っているので紹介しておこう。

MHL NATURE-602 グリップ ピンク(513NAT6021100)MHL NATURE-602 グリップ スカイブルー513NAT6025209MHL NATURE-602 グリップ ブラウン(513NAT6025701)MHL NATURE-602 グリップ グレー(513NAT6020109)MHL NATURE-600 グリップ ブラック(513NAT6000932)MHL NATURE-602 グリップ ブラック(513NAT6020901)

サドル交換

サドルも交換したよ。ノーマルのサドルは薄目のやつで、10キロも走ると、お尻がちょいと痛くなってくる。

だから、快適性の高いサドルを探てみた。選んだのはこれ。スポーツアラー(SPORTOURER)ZOO GEL FLOWというサドル。

スポーツアラー(SPORTOURER)ZOO GELフロー サドル【サドル】 ブラック
スポーツアラー(SPORTOURER)ZOO GELフロー サドル【サドル】 ブラック

色は黒、形状はやや幅広になってるけど、まあ普通のスタイル。

交換してまだ長距離は走っていないけど、ゲル入りでノーマルよりクッション性はよいです。また、穴あきタイプなので座ると適度にたわむのも乗り心地に効いているかもね。道路の継ぎ目を通るときの突き上げが若干マイルドになったような気もする。こういうものはもうちょっと乗り込まないとはっきり評価できないかな。また少ししたら紹介することにするよ。

関連記事

自転車をめぐる冒険 疋田智

自転車の本「自転車をめぐる冒険 疋田智」

今日読んだ自転車の本。 自転車をめぐる冒険 2008年初版。 疋田智氏の本

記事を読む

no image

高校時代の自転車の思い出2

高校時代の自転車の思い出をもう一つ。 高校時代、僕は自転車+電車通学をしていた。 自宅か

記事を読む

雨と自転車

雨と自転車

今日は一日雨だった。もちろん自転車には乗ってない。 僕は自転車に乗るくせにあまり天気予報を見な

記事を読む

自転車向かい風

なぜかペダルに力が入ってしまう

僕のポタリングの信条は、 急がない、無理しない、逆らわない といったこと。 僕は運

記事を読む

道路の日陰

日陰側通行

自転車通勤の行き帰りのこと。 僕は常に道路の左側を走っている。 まあこれは当然のこと。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人の表と裏

多分ほとんどの人は知らない事なのでここに書く必要ないのかな、と思った

KTお気に入りシリーズ6 トリステーザは悲しい曲

最近、京都橘高校吹奏楽部(KT)の参加するイベントがなくて暇なので過

パソコン故障

最近このブログ全然更新していなかった。 新型コロナのせいで、余

滋賀県立文化産業交流会館
1月26日フィールドアートMedia Mix 2020へ【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

1/26 滋賀県立文化産業交流会館で開催されたフィールドアートMed

12月23日第56回定期演奏会へ 【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

12/23 京都橘高校吹奏楽部(KT)の第56回定期演奏会(夜の部)を

→もっと見る

PAGE TOP ↑