自転車動画 トラックの影から

公開日: 自転車, 動画

今回の動画

ヒヤッとした瞬間

これは結構有名な動画みたい。

最後、危なかった。でも街中ではこういうシーンってあるよね。まさかここにママチャリって。

このローディーさんは、最初撮影者の自動車に抜かれたけど自動車のスピードが上がらなかった(上げれなかった)んで抜き返して、その後も後ろを意識しながら走っている感じ。

j1

こういう道ならロードバイクの方が速いんですよー、ってさりげなく自慢しているような感じだね。撮影車は抜きたそうな雰囲気はあるんだけど、対向車も来てるし、ロードバイクに近づきすぎてもいけないので、安全を考えて抜かないでいるって感じ。

そして右カーブに近づく。トラックが対向してくる。

j2

そしておばちゃんも歩いている。

j3

「ここのカーブならスピード落とさずにいけるよ。トラックとおばちゃんとの隙間を通って、このまま行くよ。自転車は狭いところもスイスイ走れるのが強みなんだ。こういうところなら自転車の方が速いのさ」

とスマートなところを見せようと思ったら前方からママチャリ出現!急ブレーキ。

j4

接触せずにすんでよかったね。

j5

無理に前に出る必要はないよね

この動画をみて、どうすればよかったのかを考えると、最初に撮影車に抜かれたときローディーさんが抜き返したでしょ。そもそもあそこから始まっているんだ。抜き返さなければ良かった。抜かれたら車の後ろを付いて走っていればよかったんだよ。大してスピードも変らないでしょ。

それに、ママチャリは何処から出てくるか予想できない。道路を自由に動き回る。見通しが悪い場所、車の影、こういうところにはママチャリありと思っておいたほうがいい。

スピードを落としたくない、ペースを保ちたいという気持ちはわかるけど、それが今回のヒヤリに繋がったんだと思う。

ママチャリがあんなところにいるのが悪いとか、そういうことをいっても仕方がないんだ。危険を予測して走るべきだということ。

この場所ではスピードを落として走るべきだったね。

関連記事

にっぽん縦断こころ旅

にっぽん縦断こころ旅 2014春の旅 放送決定

NHK BSの「にっぽん縦断こころ旅」の2014春の旅の放送が決定した。 にっぽん縦断こころ旅

記事を読む

サイクルコンピュータキャットアイ(CAT EYE) CC-MC200W

サイクルコンピュータキャットアイ(CAT EYE) CC-MC200Wの使用感

クロスバイクにサイクルコンピュータキャットアイ(CAT EYE) CC-MC200Wを取り付けたこと

記事を読む

[ニューバランス] new balance new balance NB SM429

夏のポタリングに最適なシューズ見つけた!

毎日暑いですなぁ。 自転車乗りなら同じだと思うけど、いつも天気や気温が気になっていて 「

記事を読む

自転車テールライト明るさ比較

クロスバイク デイライトで昼間の被視認性向上4

さらなる被視認性向上のために さて、クロスバイクのデイライト計画は前回のヘッドライトの強化で一旦は

記事を読む

この道  自転車ならどこを通る? 2

僕は自転車に乗るとき、アベレージスピードとか時間は気にしない。 そういうことを考えて走っている

記事を読む

Comment

  1. わしゃ より:

    まいど。

    こんなゴミゴミした道でスピード出すのが悪いね。
    一旦停止もしてないしさ。
    ビンディングはずすのが嫌なんだろうね。

  2. メタルキング より:

    信号のない交差点で一旦停止しないのも問題ではあるけど、ああいう通過のしかたをする場合は少なくともビンディングは外すけどなぁ。
    いろいろ問題がありますね、このローディー

わしゃ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人の表と裏

多分ほとんどの人は知らない事なのでここに書く必要ないのかな、と思った

KTお気に入りシリーズ6 トリステーザは悲しい曲

最近、京都橘高校吹奏楽部(KT)の参加するイベントがなくて暇なので過

パソコン故障

最近このブログ全然更新していなかった。 新型コロナのせいで、余

滋賀県立文化産業交流会館
1月26日フィールドアートMedia Mix 2020へ【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

1/26 滋賀県立文化産業交流会館で開催されたフィールドアートMed

12月23日第56回定期演奏会へ 【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

12/23 京都橘高校吹奏楽部(KT)の第56回定期演奏会(夜の部)を

→もっと見る

PAGE TOP ↑