路地のすれ違い こんな状況どうする?

公開日: 自転車, その他

Googleのストリートビューを眺めていたらこんな写真を見つけた。

すれ違い

ここはジャンボエンチョー豊橋神野店付近の路地。平日昼間に自転車に乗っていて、こういう写真の状況に出くわした場合、みんなはどんな対応をするだろうか。

僕はさっさと左側の砂利によけるね。

でも「自転車はよける必要は無いでしょ。よけなくても舗装路上ですれ違うスペースは十分にあるし」

と言う人もいる。そういう人は、横の砂利に入りたくないんだろうな。タイヤが大事なんだ。

でもなぜか「パンクが心配なのでよけません」

なんて口が裂けても言わないんだよ。大抵こんな主張をする。

「対向の赤いニッサンはもう少し左に寄れる。そうすればお互い舗装路の上ですれ違える。公道では立場は平等でしょ。」

そういうのがダメなんだよね。全然だめ。経験が足りない。にわかサイクリストだ。

この写真をみて、僕は瞬時に「車に期待できないな」と思った。

こういう場合は自転車は砂利のほうによけたほうがいい。手っ取り早いんだ。

考えてごらんよ。平日昼間の住宅街の路地だ。

こんなところを車で走ってくるのは近所の主婦しかいないだろ。

主婦は大抵運転が下手だ(申し訳ないけど。)。

軽自動車ならまだしも普通車だから車幅感覚がろくにつかめてないので左に寄れる訳がない。

主婦は

「あ、自転車が来た。でも垣根がある。どうしよう」

そう思っているはずだ。そう思っていても何も出来ない。左に寄らずに走ってくる。

それどころか垣根を避けるため、自転車側に膨らんで進んでくる可能性もある。

自転車がよけてくれるだろう、と思っているに違いない。

そんな中で、舗装路上ですれ違うのは危ないだろ?

そういう事を瞬時に想像できるようにならないと危険な目に合う。僕は砂利へよけるね。

だって譲らずに、ギリギリを通過してヒヤッとするのはお互いなんだから。

で「何だあの車は!危ない!」「あの自転車、何でよけないの?」

という嫌な印象を残すだけだ。

自分が正しいとか相手が悪いとかじゃなくてさ、いかに安全を確保して走るかを最優先で考えたほうがいいってことだよね。

こういう場合、自転車はとっとと砂利によけようってこと。

関連記事

自転車通勤ファッション

自転車通勤ファッションや仕事着に悩む

自転車通勤をはじめてから、悩みの種となっているのがファッションだ。通勤時のファッションは、今の季節だ

記事を読む

スマートフォン

スマートフォンへ買い替え

僕もついにスマホに替えることになったよ。喜び勇んで買ったわけじゃなくて、最終的には「まあ時代の流れだ

記事を読む

らじるらじる

ポタリング・散歩のお供はラジオアプリ

のんびりした住宅街を自転車や徒歩でぶらぶらする。 これが今僕の一番のストレス解消の方法。

記事を読む

ロードバイク トレイン

GWに見かけたロードバイク

GWにはたくさんのロードバイクを見かけた。天気のいい日に自転車に乗るのは気持ちいいね。 僕の家

記事を読む

Jandd フレームバッグ

クロスバイクにフレームバッグを装着

手荷物の収納場所に悩む ポタリングするときにいつも悩んでいたけどなかなか結論が出ない問題があった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人の表と裏

多分ほとんどの人は知らない事なのでここに書く必要ないのかな、と思った

KTお気に入りシリーズ6 トリステーザは悲しい曲

最近、京都橘高校吹奏楽部(KT)の参加するイベントがなくて暇なので過

パソコン故障

最近このブログ全然更新していなかった。 新型コロナのせいで、余

滋賀県立文化産業交流会館
1月26日フィールドアートMedia Mix 2020へ【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

1/26 滋賀県立文化産業交流会館で開催されたフィールドアートMed

12月23日第56回定期演奏会へ 【京都橘高校吹奏楽部 演奏】

12/23 京都橘高校吹奏楽部(KT)の第56回定期演奏会(夜の部)を

→もっと見る

PAGE TOP ↑