初めてのタイヤチューブ交換

スポンサーリンク

クロスバイクのタイヤチューブ交換をしてみた。

純正チューブからパナレーサーのR’AIRへ交換だ。

パンクしたからではなくて、いざというときに困らないように実際に自分でチューブ交換をしてみたかったから。それから、チューブを代えると乗り味がどのように変わるか体感したかったから。

Amazon | パナレーサー(Panaracer) 日本製 チューブ R'AIR [W/O 700x23~28C] 仏式ロングバルブ(48mm) TW723-28LF-RA | パナレーサー(Panaracer) | スポーツ&アウトドア
パナレーサー(Panaracer) 日本製 チューブ R'AIR 仏式ロングバルブ(48mm) TW723-28LF-RAがスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

純正チューブはKENDAってとこのやつで110gぐらい。対してR’AIRは76g。純正も28mm用としては重くはないと思うけど、R’AIRはすごく軽いんだな。細くて薄くてやわらかい印象。その分耐久性は良くないとか。パッケージに「通勤通学など長期間連続使用には不向きです」って書いてある。レース用なのか?経年の劣化が激しいのかな。こういうチューブはどれくらいで交換なんだろう?1年?2年くらい?わかんないけど、早めの交換がよさそうだね。

交換は問題なくできた、と思う。Amazonでは乗り心地がすごく良くなったっていうレビューが多いけど、それほどか?些細な変化を100倍くらい大きく書いてない?少し乗り心地がまろやかになったかな、とは思えるけどね。重量は合計で70gくらい軽くなっているんだけど、これもあまり感じない。多少軽やかなのかなぁ、という程度。

まあ、素人にはあまり感じられない程度の変化はあった、ということかな。

暫く使ってみないと本当のところはわからないかな。

コメント